スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
手術後4日目
2008 / 11 / 02 ( Sun )
手術後4日目

5:30 のどの激痛で目が覚める。痛み止め服用。

8:00 朝ごはん。
術後4日目朝ごはん
3分粥、キャベツの味噌汁、牛乳、黄桃。ノリの佃煮が付いていたが、しみそうなので使用せず。

痛み止めのおかげか、飲み込む際に痛みはあるものの、ゆっくりと何とか食べる。
味噌汁の『汁』はしみるので、具だけを食べる。

8:30 問診。手術後、自然治癒に任せるのみで、痛み止めと抗生物質しか薬が出ないので、
ネブライザー(吸入)を使ったりしないのか聞いてみる。この病院ではしない、との事。
傷よりも、口の奥のほうにできている口内炎が痛いのではないか、との事。

9:00 問診を終えて部屋に戻ると、例のいびきオヤジがすでに大いびき

10:00 痛み止めがいい感じに効いている。とろけるプリンを食べる。んまい。

12:00 ひるごはん。
手術後4日目昼ごはん
3分粥、豆腐、根野菜とミンチの煮物、サラダ、みかん。
サラダはのどを通りにくく、半分残す。みかんはめちゃくちゃしみるので、1つだけ食べてギブアップ。

14:30 痛み止め服用。
どうやら6時間ぐらい効いてるみたいなので、晩ごはんまで持つように時間を調整してみる。

15:00 私の父母・おば来訪。
おばは、なぜかお見舞いに「ゴーフル」「カステラ」「メロン」と、
今の私が食べれないものをオンパレードで買ってきており、
ツマに持って帰ってもらう。

扁桃腺摘出手術後は、のどの粘膜がちょっとづつ再生しているので、
ゴーフルなどのクッキー系、スナック菓子系は厳禁なんですよね。
顔見てちょっとしゃべって一向は我が家へ帰宅。
じいちゃんたちは、孫が見たくて仕方ないようで、保育園へ直行していった。

18:00 晩ごはん。
27日晩ごはん
3分粥、春雨ときゅうり・にんじんのマヨ和えサラダ、あんかけオムレツ、水菜のおひたし、牛乳。

時間差をつけて飲むようにした痛み止めはまだ効果を発揮しており、痛みはかなりましだった。

45分ほどかけてほぼ完食。
片付けの際に、同室の、いびきをかいてない人と一緒になり、いびきオヤジについて話す。
やはりその方もいびきに悩まされており眠れない、と言っていたので、
余っていた耳栓を差し上げる(2個入りだったので、1セット余っていた)。

20:00 ドラクエ4クリア。

21:00 処方されたうがい薬でうがいをする。患部に激痛、とてもうがいなどできない。

22:00 耳栓をして就寝。

痛み止めの服用のタイミングがわかってきた頃。
朝一だけはどうしようもないが、それ以降は、痛くても何とかなる時間帯を作って乗り切るようにする。
医師からは、「後は日にち薬なのでいつ退院してもいいですよ」と言われるが、
同時に「痛みが落ち着くのはあと3~4日してからでしょうから、退院はその辺ですかね」とも。

のどの痛みの原因が、口内炎なのか傷なのかがわからない。どちらにしても激痛。

扁桃腺手術を悩んでる人の目に止まりますように。
 
23 : 55 : 48 | 扁桃腺摘出手術 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
手術後3日目
2008 / 11 / 02 ( Sun )
【手術後3日目】

6:00 猛烈なのどの痛みで目が覚める。のた打ち回りたくなる。とりあえずナースコール。

「痛み止めもらってるでしょ?それ飲んでください」

今日の当直ナースはそっけない 墓ドロドクロmoz

仕方ないので、何も飲みこみたくない状態ののどに鞭打って、
痛み止めを飲む。その痛みで飛び上がる。痛みをこらえながら再度寝る。

8:00 朝ごはん。流動食。
術後3日目朝ごはん
重湯と味噌汁、牛乳。味噌汁はしみるので残す。

流動食なのにかなり痛い。昨日より悪化しているような・・・・・・絵文字名を入力してください

8:30 診察。今日からシャワーを浴びてもよいとの事。イヤッホーあ

今日はツマの一族が見舞いに来るとの事。
早速メールで、耳栓とプリンをお願いする。

お昼前 ツマ一族来訪。お昼ごはんまでちょっとだけしゃべり、12時前にはお昼を食べに一同は中座。

12:00 お昼ごはん。3分粥に戻してみる。
術後3日目お昼ご飯
3分粥、湯豆腐、魚のすりおろしを固めたもの(ソフトかまぼこ?)、サラダ、白菜の煮物。

白菜の煮物は醤油で味付けがしてあり、傷口にしみて食べれない。
他のものを1時間かけて食す。
食後に、差し入れでいただいたプリンを食す。やはり食べやすい。

14:00 ツマ一族、捲土重来。念願の耳栓をゲット!

ムスコ、相変わらず私には一切なつかず、ばあちゃんに抱っこされっぱなし。
窓から見える電車ばかり見ている。私が触ると怒る。
前も言ったが、君は何をしにきたのだ?

17:00 お見舞い軍団、撤収。ムスコにほぼ触れることなくお見舞いは終わる。

疲れて1時間ほど寝る。

18:00 晩ごはん。3分粥。
術後3日目晩ごはん
3分粥、鳥ミンチとブロッコリー・たまねぎのケチャップ和え、にんじん・きゅうり入りポテトサラダ、牛乳。

ちょうど痛み止めが切れるタイミングと重なってしまい、すさまじい激痛を伴う。
1時間以上かけて何とか完食。

22:00 消灯。でも起きてる。痛み止めをあえてこの時間まで引っ張ってから飲む。
朝まで持ちますように。今日は耳栓もあるし、久しぶりに安眠できたらええなぁ。

23:00 病院内が乾燥しているように思えたので、マスクをして寝る。

↓まだ治らないんですよ~。回復期の兆しなし!
  
23 : 30 : 14 | 扁桃腺摘出手術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
手術後 2日目
2008 / 11 / 02 ( Sun )
【手術後 2日目】

7:00 朝イチで部屋を変えていただく。

というのも、同室のオヤジが究極にうるさ過ぎるためだ。

とにかくうるさいオヤヂ1

4人部屋だったんですけどね。
とにかくそのオッサンが、昼も夜も一日中うるさい。

昼はしょっちゅう携帯でしゃべってるか、ずーっと見舞いに来ている奥さんとしゃべってるか。
夜になったらなったで、ありえないレベルの大いびき。枕元をダンプトラックが走り続けてるレベルですた。
昼夜兼用なのが、。○| ̄|_ =3  
一日中こきっぱなしなのだ。

夜中に看護師さんに相談して、朝イチで部屋を変えていただきました。
あんな迷惑な人がいるんだなぁ、とあきれてしまいました。

んで。
8:00 朝ごはん。3分粥になりました。
手術後2日目朝
おかゆ、キャベツの味噌汁、牛乳、みかん。

しかし、これが痛くてほとんど食べることができませんでした

8:30 診察。痛みのことを告げると、
「痛みは人によって全然違うので、強い痛み止めに変えましょう。」とのこと。
昼からは錠剤タイプに変わるらしい。
痛みをごまかすために昼寝する。

12:00 お昼ごはん。また3分粥。
手術後2日目ひるごはん
鮭・ブロッコリー・ポテトサラダにクリームシチューをかけたもの、
スパゲティーのみじん切りとゆで野菜微塵のマヨ和え、みかん、おかゆ。

新しい痛み止めに期待していると・・・やはり食事と同時に出てくる・・・!
しかも、「きついお薬なので、食後に飲んでくださいね」

アホかー!!!
痛いから食べれない、と言ったのに、痛み止めは食後に飲めとはどういうこっちゃ!
看護師さんの言うことは無視して、食前に痛み止めをいただくことにする。
(翌日医者に確認したら、適当にタイミングはずらしてかまわないとのことだった)

1時間かけて食事はほぼ完食。

お昼過ぎ。 ツマと息子がお見舞いのため来訪。
ムスコ、抱っこすると嫌がって泣く。近づくと振り払われる。触らせてもくれない。
全くなつくことなく帰っていく。いったい何をしに来たんだあいつは。
ツマにお願いして、プリンを買ってきてもらい、食す。んまい。

プリンが一番食べやすいかもしれない。

お昼ごはんがあまりにも食べにくかったので(痛みのため)、
晩ごはんは流動食に戻してもらう

18:00 晩ごはん。流動食。
術後2日晩ごはん
甘い謎のとろみ、味噌汁。

味噌汁が凶悪に傷口にしみるため、一口だけ食べて残す。
ツマが買ってきてくれた飲むヨーグルトを飲んでみる。これまた強烈にしみるので残す。

19:00 ドラクエ三昧。同室のオヤジがいびきをかきはじめてブルーになる。
部屋を移してもらったが、もしかしてこっちにも・・・?

22:00 消灯。嫌な予感的中。せっかく移った部屋なのに、移った先にも爆裂いびきオヤジが存在  sc07
たちの悪いことに、このオッサンも屁をこきまくる。前の部屋のオヤジと大して変わらない。
トラックターミナルに寝ているようだ。とても眠れない。

錠剤タイプの痛み止めはさすがによく効くのか、飲んで2時間もすれば痛みは感じなくなった。
薬さえあれば、と言う状態だが、逆に薬がなければどうなるか、と言う感じだ。
薬の切れたときの痛みはかなりのものなので、血が出なくなっているだけ、と言った感じなのだろう。

痛みと同じぐらい、同室のオッサンのいびきに苦しめられる。
オッサンが自分のいびきのあまりのうるささにびっくりして起きた後、ちょっと間は静かなので、その隙に寝る。

↓哀れに思っていただけたらクリックしてやってください。
  
23 : 09 : 57 | 扁桃腺摘出手術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
手術翌日
2008 / 11 / 02 ( Sun )
【手術の次の日】

前の日から、
尿意と口の中にたまる血のせいで、1~2時間おきに起きては寝るの繰り返しで朝を迎える。

8:30 診察 傷はキレイ。時間が経つのを待つだけだ、との事。
ご飯前にシロップタイプの痛み止めが出るので、
それを飲んで30分ほどしたら痛みが収まるので食事をするように言われる。
また、ご飯だけでなく、アイスクリームやプリンなどが食べやすいので食べてね、と
間食も勧められる。

9:00  看護師さんに症状を聞かれ、「めっちゃ痛いですねぇ(笑)」と答えるたところ、
痛み止めの座薬を持ってきてくれた。

10:00 手術の次の日、と言うことで、遅めの朝ごはん。流動食ですた。

手術翌日の朝ごはん
こんなの↑

白いのが痛み止め。20ml。
服用後30分で効くはずなのに、なぜかご飯と同時に出てくる。
メニューは、左手前が味噌汁(しみる)、牛乳、重湯。何とか完食。

11:00 入院後、初めて院内の売店へ行ってみる。アイスを購入、即完食。
アイスクリームは食べやすいかもしれない。

12:00 昼ごはんで起こされる。

手術翌日昼ごはん
飲むヨーグルト、牛乳、重湯、リンゴジュース。
リンゴジュースだけはしみて飲めなかった。

13:00 吐き出したつばに、血が混ざらなくなった。

15:00 再び売店へ。今度はプリンと、ヤクルトジョアを購入。プリンの方が食べやすいかなぁ。

18:00 晩ごはん。
手術翌日晩ごはん
謎の甘いトロトロ。何なんだろう(右奥)。牛乳、味噌汁。

効果が出るまで30分かかるはずの痛み止めが、
やはり晩ごはんと同時に出てくる。

地味な嫌がらせか?とか思いつつ、痛み止めを飲んでから30分ほどお預けを食らって飯をいただく。

19:00 のどがめちゃくちゃ痛くなってくる。痛み止めの座薬をいただく。

昼からは痛みにも多少慣れてきて、ゲームをしたり本を読んだりする余裕も出てきた。
でも、3食とも流動食。

↓痛そうでしょ?同情するならクリックぷりーず。
  
22 : 24 : 29 | 扁桃腺摘出手術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
手術当日
2008 / 11 / 02 ( Sun )
【手術当日】

私の場合は、朝9時からの手術だったので、当然朝ごはんは抜き。

事前の説明で聞いていたこと

・手術時間は、麻酔などの準備を含めて1時間半。
・手術の日は絶食
・手術後は、患部からじわじわ血が出続けるので、口の中が血まみれになる。
・その血は飲み込んではいけない。気持ち悪くなるので、吐き出すかティッシュで拭うように。
・痛い場合は痛み止めがいろいろあるので声をかけて欲しい。
・手術後、5時間は寝たきり。5時間経てば自力でトイレに行ってもよい。

8:30 ツマ来訪。私よりテンパっている。

8:45 点滴開始(抗生剤等)

8:50 手術室へ、徒歩で移動。若くて綺麗な看護師さん2名に付き添われ手術室へ。

9:00 手術室。私自身は全く平常どおり。

手術室スタッフはやたらと明るい。軽いと言ってもいいノリだ。
緊張させないように気を使っているんだろうか。素のような気もする。。。(-公- ;)ウーン

手術台に寝かされ、おどろおどろしい雰囲気の中、子育て談義。

手術室にて
いや、軽いなぁ。

で、しゃべってると、「麻酔です~、眠くなりますよ」
とマスクを持ってこられる。

一息吸うと、確かにトロンとなる。
「あぁ、ほんまですねぇ、なんか眠いです」

と言った後、気がつけば病室でした。

麻酔が覚めたかどうか、
「手を握ってねー」とか、「舌を出してみてください」とか声をかけますから、と
事前に言われていたが、全く記憶なし。

ツマが横にいるのが確認できたが、麻酔がまだ効いてて眠く、
口の中の血を数度ぬぐった後、そのまま寝てしまう。
おそらくこれが10時半から11ぐらいだったと思われる。

15:00 目を覚ます。この日はのどを切っているので当然絶食。

口の中がネバネバする。これが噂の、「飲んじゃいけない手術後の口の中の血」か。
ティッシュで拭って捨てるも、すぐに口の中がネチャネチャする。

看護師さんが、冷やすと気持ちいいかも、とアイスノンを持ってきてくれる。
のどに当てる、気持ちよい。そのまま寝る。

ただ、1~2時間おきに目が覚める。
そのつど、口の中を拭ってトイレに行く。

絶食状態で何も口にしていないのに、とにかく小便が出る。
手術後も、抗生剤と栄養補給のための点滴がつきっぱなし。このせいか?

どんなに寝ても眠く、よく寝れるのだが、上を向いて寝ることができない。
のどに血がたまり、息苦しくなるためだ。
そのため、日頃は上を向いてしか寝れないが、入院中はずっと横を向いて就寝。
痛みで目が覚めることはなかった。

次の日の朝まで、1~2時間おきにトイレへ行って血を吐き、シッコをたれ、
ベッドへ戻ってティッシュで口を拭って寝る、を繰り返しました。

↓ほう、と思ったら くりっく ぷりーず
  
22 : 07 : 42 | 扁桃腺摘出手術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。